100cc化したXR50モタードとXR230の記録簿


by b95662
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
4200kmでフロントブレーキパッドを交換。
パッドを貫通しているシャフトが外れず、車両付属のエクステンションバーを使用。ピストンの押し戻しはサービスマニュアルの通り、古いパッドを付けたままドライバーをテコに使用。4輪じゃ使えない方法なので勉強になった。キャリパー固定ボルトにネジロックを塗布して完了。
しかし、何度レバーを握ってピストンを戻しても、押すだけでバイクが動く。面取りもしたのに。酷暑の中試走に出掛け、制動を繰り返したら良くなりました。これが「アタリが出る」という事か。

バイク初心者なので、どうしてもフロントブレーキを使ってしまい、足で踏むリアブレーキに慣れない。その結果、フロントだけ減りが異常に早い。タイヤもフロントの減りがだいぶ早い。
以前、信号で止まるたびにヨタヨタする事で気づき、最近はリアブレーキと併用で美しく停止できるようになった。
[PR]
# by b95662 | 2007-08-06 06:51 | XR230

鶏冠山西林道

サウナの様な東京を4:30に出発して山梨市の鶏冠山西林道(現地表示は「鶏冠山(西)林道」)へ。
杣口林道から川上牧丘線へ入り、8:30ゲート着。珍しく開いていたゲートを通らせて頂く。西沢スカイラインと銘打って整備された道らしく、幹線は舗装または元舗装路。快適に奥地まで進めた。分岐する各林道は全てダート。ややガレ。どれも行き止まりだが、森林軌道跡が当時のまま残っている箇所もあり、また全体的に水気が多くコケやシダ類の美しさを楽しめた。
行き止まりのピストンも含めて約55km。久しぶりにロングダートを堪能。帰りはゲートが施錠されており、脇から退出。工事の関係で、朝は偶然開いていた様だ。
a0059279_22331936.gif





















a0059279_9403176.jpg












a0059279_9404025.jpg
[PR]
# by b95662 | 2007-08-04 20:47 | 林道

大弛峠の南側

週末に山梨・長野県境の大弛峠南側へ行こうと思い、色々調べたのに台風が来ています。関東は最近雷雨が多く、あんな荒れ方をされたら林道は怖い。
川上牧丘線から分岐するダートは全てゲート付きですが、地形図と航空写真で見る限り長大なダートが魅力的。天気予報を見ながら思案中。
雨具はもちろん、雨宿り用にツェルトを持って行こうかな。
[PR]
# by b95662 | 2007-08-01 11:23 | 林道
9月からの新排ガス規制により、多くのバイクが姿を消します。時間を置いて他のカテゴリーも同様の規制が掛かりますから、かなりの車種整理が行われる事でしょう。
四輪のような触媒を装備するにはスペースの問題があるのか、はたまたインジェクションや水冷化によるコストの問題か。四輪に比べ生産量の割に低価格な二輪車にとって、各種対策は難しいのでしょうか。
それにしても、メーカーサイトは沈黙を守り、十分な時間があったはずなのにほとんどの車種が新規制未対応で生産中止になるとは何とも不可解です。販売量とコストの問題が、メーカーにとって余程深刻な問題なのでしょう。
XR50モタードの4ストロークエンジンは、なんとも非力で酷い代物です。今までの流れのまま規制でジリ貧になるよりは、思い切って部品の共通化によりコスト低減を図り、かつて四輪車が乗り越えたように、水冷やインジェクション化により楽しい二輪車の登場を待ちたいです。
[PR]
# by b95662 | 2007-07-23 23:27 | 日常

ロードスターと台風

a0059279_0323685.jpg台風の接近に日本中が警戒していた7月14日。毎年恒例となった、オープンカー友達と山梨で集合。当然ながら雨のため、大河ドラマ[風林火山]のセットを見ただけで宿へ直行。よりによって、崩壊しやすい旧南アルプススーパー林道の入口である芦安の宿へ。
雨脚は弱いながらも、しっかり増水した御勅使川沿いの林道を「この橋明日あるかな~」などと思いつつ到着。
この宿は山にありながら、オーナーが北海道出身で海の幸が売り。特にホッケが極旨。今まで食べていたホッケが煮干しに思える程。激しさを増した雨音を肴にひたすらビールを飲み、1年分を語り合って就寝。

a0059279_0332545.jpg翌朝、ロードスターの具合を見に行くと、幸い車内への浸水は免れていた。一番ボロい「幌を閉めても空が見える」アルファロメオに乗る友人は、故障のためカローラバンで参加したため、残念ながら「ドアを開けると水がザバー」と出て来る絵は見られず。しかし、雨は激しさを増している。

朝食を取っていると宿の人が「麓で土砂崩れがあって、復旧は夕方になりそうです」と告げる。そんな事もあろうかと、カッパの上下を用意して来たけれど、現実的には車を置いて帰るのは困る。宿の人は「他の道を探してみます」と言ってくれたが、他の道とはオフロードらしい。ああ、バイクならば。

a0059279_0333858.jpg雨の山奥では何もすることがない。銀河鉄道999で、時間潰しのテストという話があったけれど、今回は本も持ってこなかった。あまりに退屈なので、カローラバン氏を誘って土砂崩れ現場の調査へ行く事に。茶色い水しぶきを上げる濁流を見ながら下っていくと、平坦な何でも無い所に大量の砂利が流出していた。上流の採石場から支流沿いに流れ出た物らしい。バイクで行く林道で見掛けるような、致命的な崩壊ではなく一安心。

昼過ぎには雨も上がり、13:45に開通予定の報が入った。宿の厚意で昼食を頂き下山。奥多摩経由で無事帰宅。しかし、奥多摩周遊道路の入口で、「落石に遭っても補償請求しない」という署名をさせられた。
[PR]
# by b95662 | 2007-07-16 23:52 | 日常

日原へ

中途半端に遠くて敬遠していた奥多摩町日原へ。
新青梅街道を西進して8:30青梅に着。XR250と合流して奥多摩へ向かう。
奥多摩駅前から分岐する日原鍾乳洞線は相変わらず狭い。しかし、バイクだと擦れ違いの気苦労が無く、気になる地点に止まって観察できるので便利。
川乗林道はゲート封鎖。しかも監視員付き。後で分かったが、バス運行のための監視員だった。
a0059279_038213.jpg倉沢橋を渡った右手が林道倉沢線。薄暗く水溜まりが多い。魚留橋の土盛りを越えると、一気に高度を上げる。落石や落ち葉が堆積していて走り辛い。その先の地蔵橋(昭和38年完成)手前で、コンクリート製の路盤が崩れていた。慎重に通過すると再び安定した路面に戻る。200m程で河原に下りられる平場に到着。登山者が昼食を取っていたので、ここでUターン。道はもう少し先まで続く。

都道へ戻り日原鍾乳洞へ向かう。都道の終点から始まるのが小川谷林道。車が多く入っており、全般的に良く整備されている。ただ、水溜まりが多く、石灰質の山なので鍾乳石の様な半透明の泥が付く。4km程で工事のため通行止め。

都道を戻り右折して日原林道へ。こちらも車が多く入っているフラットダート。特に眺望も無く7km程で終点。崩壊のため後から終点にしたらしく、崩壊地の先にも400mほど苔生した道の跡が残っている。丁度12時、ここで昼食。手前から分岐する孫惣谷林道は時間の都合で未走行。

国道411号線を塩山へ向かい、左折して泉水谷・横手山林道へ。丹波側は舗装されており、来るのが遅かったか!と思っていたらガレ道が現れた。牛首谷を越えると急に様相が変わり、緩やかな斜面と整備された幅の広い道となる。砂利が深いのか地質のせいか、前後輪とも滑りやすい。国道に出て左折、ついでに大ダル林道へ。東京都の水源林管理道のため幅は十分。しかし石畳の様な路面が多く疲れる。下りに転じるとやがて終点となる。終点の先、笹藪の向こうに木橋が見え、管理歩道は続いているようだ。
15時を回り今回はここまで。タイヤの空気圧を戻して、単調な国道を青梅へ向かう。17:45青梅市街、19:40帰宅。Total250km。
[PR]
# by b95662 | 2007-07-08 14:42 | 林道

堂平山へ

大荒れという予報でしたが、土曜日に越生・都幾川方面へ。
雲を見て雨を避け、黒山鉱泉から奥武蔵グリーンラインへ。絶対降られるのに、登山や自転車の人がちらほら。私もその一人。普段は交通量が多いけれど、今回は霧の中の幻想的な森。
白石峠辺りから降り始め、堂平山周辺の林道かハイキングコースか分からない所を散策。トライアル車とすれ違う。
雨の急斜面の下りで、制動が利かなくなり"下り始めは最徐行"と人に教わった事を滑りながら思い出した。前輪に注力してなんとか通過。
本降りになってきたので大野集落方面へ下山。小川町で雨は上がったものの、東松山と大宮で断続的に降られました。
[PR]
# by b95662 | 2007-06-11 00:10 | 林道

蔓生える

数ヶ月ぶりにロードスターに乗ろうとしたら、トランクの隙間に草が・・・・。
いたずらかと思って開けてみると、バンパーの隙間から生えていました。
車体の下をの覗くと、地面から伸びてバンパーの裏を通り、光を求めて再び外へ。
浸水してキノコが生えたという話は聞いた事がありますが、ツルは初めてです。
その後、桶川のNAPSで散財。
a0059279_2354582.jpg
[PR]
# by b95662 | 2007-06-10 23:54 | 日常
Yahooニュースにヘッドライトの使い方について記事がありました。

夜間など、車両が走行するために前方を照らすのが「走行用前照灯」。いわゆるハイビームです。そして、すれ違い時に対向車を幻惑しないため、下向きなのが「すれ違い用前照灯」。

以前、フォグランプの法規を調べていた時に知ったのですが、標準はハイビームなんですね。しかし、交通量が増えるに従って対向車とすれ違う機会が増え、今ではロービーム走行が事実上の標準となったようです。しかし、4輪はライトの上下をレバーで選択しますが、ハイビームからロービームに切り替える際の感触はロービームが「元の位置」と言う感じがします。

以前、長野県に住み始めた頃は、あまりの道の暗さに難儀しました。やがて街灯の無い夜道に慣れ、実家の東京に戻った時はライトを点灯し忘れる事すらありました。東京に戻ってしばらくすると、元の目に戻ってしまいましたが、いかに東京の夜道が明るいのか再認識しました。
[PR]
# by b95662 | 2007-05-24 23:40 | 日常
a0059279_073127.jpg待望のXR230用スキッドプレートを入手。あるショップに3月にオーダーしたものの、いつまでも入荷せず終いに音信不通となったので他で見つけました。
静岡の「ダートバイク」(ヤフオクで販売)
で、CRF150/230用に穴開け加工したものを購入。フィッティングはまずまず。ボルトを長いものにして、スペーサーを噛ませれば完璧かも。そのままでも、十分です。純正オプションのガードも、穴位置は少しずれていたし。
前側はプレートとパイプが接触するので、クッション材を噛ましてみました。
本体重量は1.2kgちょっと、ボルトなどを含めても1.5kgほどです。
最近、倒木を跨ぐ機会が多いので、これでズルリと越えられそうです。
[PR]
# by b95662 | 2007-05-24 00:18 | XR230